2017年9月

シックハウス症候群について

  • 投稿日:

  • カテゴリー:


こんにちは リ・アイズ伊藤です。
今回も日経新聞ネタです。
“シックハウス換気で防ぐ“という記事が昨日の新聞に出ていました。

シックハウス症候群 皆さんも聞いたことはあるかと思いますが
建材や塗料 接着剤から拡散するホルムアルデヒドやクロルピリホスなどの化学物質が室内空気汚染をおこします。

個人差はありますが、目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹などの症状が出ます。
今年4月に新たに3つの化学物質が指針値に加えられたようです。
主な原因は住宅新築時、リフォーム時に使用される接着剤や塗料 建材と言われていますが国産の材料であればF☆☆☆☆と放散等級が表示されており概ね安心してもいいものだと思います。
大きく影響するものとして輸入家具やカーテン 石油ファンヒーター 観葉植物の化学肥料も影響します。
又、最近の住宅は気密性も高く計画換気が必要になってきました。
新築時やリフォーム直後は窓を頻繁に開ける。24時間換気を切らないようにし、化学物質濃度を低下させることも必要な場合もあります。


リ・アイズでは住環境に関するご相談も対応できます。
一級建築士 増改築相談員 既存住宅状況調査員がご相談の対応をさせて頂きます。

お気軽のお電話 メール等でご連絡ください。

現場報告日記

  • 外壁リフォーム開始
お気軽にご相談ください
代表ブログ