ブログ

インスペクション(住宅診断)

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

こんにちは
先日中古住宅を購入しフルリフォームをご希望の方にご来店頂きました。
中古住宅購入を迷われ、先ずはインスペクション(住宅診断)をご希望。

お客さまと一緒にご購入検討物件に伺い基本調査。
セキスイハウスさんの建物でとても程度の良い物件でした。調査結果をご説明してとても安心されたようで前向きに購入、リフォームを検討いただける事となりました。
インスペクションの仕事は中古住宅を調査診断し正確にお客さまへお伝えすること。若いご夫婦はこれから20年30年暮らしていくのに建物は大丈夫か、今後どのようなメンテナンスが必要か心配されていました。

私の仕事はより良い住空間を提案、提供する事は当たり前ですが、お客様の心配事、不安を払拭し計画を前に推し進めるお手伝いも仕事です。資金計画 ローンの相談事、相続 譲渡などのご相談もよくあります。

最近何組かのお客さまより見積もり提出前にも関わらず、他社は断った。リ・アイズさんでお願いします。っと言って頂けました。私も当然力が入ります。
私の仕事は、改めて物を売る仕事でなく、信頼して頂き信頼を得る仕事だと実感しました。その為にはより一層切磋琢磨し私自身、そしてリ・アイズとしてもレベルアップの努力は必要と感じました。
リ・アイズに任せれば大丈夫。っと言って頂ける会社になる様ますます頑張ります。

断熱リフォームのおすすめ

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

寒い日が続きますが如何おすごしでしょうか?
お家の断熱性能を上げて快適なお家に!!

こんな事はリフォームをお考えの方はついでに解決されては。
お勧め断熱リフォーム
寒い家 暑い家は改善できます。
冬場の家の中が寒すぎる。
冬場の窓ガラスが結露がひどくて困っている。
冬場、洗面所やトイレ 廊下が寒い。
冬場の暖房、夏場の冷房が効かない。
夏場の2階が暑い。

寒い家 暑い家は改善できます。
これは、家の断熱性能が十分でないことが理由かもしれません。寒い家や暑い家に我慢して住み続けると健康リスクを高めてしまいます。適切に断熱することで家の中が温かく快適になり、同時に健康な生活を送ることができます。
断熱工事と聞くと床や壁を剥がして大がかりな工事が必要と思われていませんか?
エリアを決めて断熱工事を行えば、工期もコストも抑えることが可能です。
例えば、一番滞在時間の長いリビングとキッチン部分を断熱工事。
冬場、夏場冷暖房の利きが悪いのでおばあちゃんの部屋を断熱工事
etc
範囲を決めて計画すればコストも工事期間も住みながらで無理なくOKです。

どのくらいコストがかかるのか。
洋室6帖間を想定して
床:既設床上に断熱ボード12mm+フローリング貼
壁:既設壁に断熱ボード12mm+薄べニア+クロス仕上げ
天井:既設天井材に断熱ボード5mm+薄べニア+クロス仕上げ
窓2重サッシ取り付け インプラス1650×2000 1650×1000 想定
これだけやって約45万(税込み)程が目安になります。
床暖房も計画に入れるとより快適になると思います。

リフォームをお考えの方は一緒に先回お話ししました耐震向上 そして今回の断熱性能向上を考えてみてはいかがでしょうか。

お住いの家の状況知りたくありませんか??

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

お住いの家の状況知りたくありませんか??

今住んでいる家、又は中古住宅を購入検討されている方。
そのお家の状態を知りたくありませんか。
住まいは経年とともに少しずつ傷みが出てきます。
リ・アイズでは屋根・外壁・シロアリの住まい無料点検を行っています。
お住いの状態を一度調査されては如何でしょうか。
住まいの屋根・外壁など劣化が原因で雨漏れや家の構造そのものに影響する場合もあります。早めに対応することで家が長持ち、修繕費も抑えることになります。
参考にチェックリストを

そして、お住いのリフォームをお考えの方は、この機会に住まいの耐震性もチェックされては如何でしょうか。
我が家の耐震性は?地震が起きた時我が家は大丈夫??
地震大国の日本では住まいの耐震性は非常に重要です。家は人の命を守る器です。
耐震チェックポイント
1.建築時期は?・・・建築基準法では1981年に大改正され、それ以前の基準で建てられた住まいは注意が必要です。
2.地盤 基礎は?・・・建物だけでなく固い地盤にコンクリート造の基礎が安心です。
3.建物の形は?・・・シンプルな四角形は地震に強く、複雑な形になると建物に捻じれが発生します。
4.壁の配置 バランスは?・・・壁の方向と割合、バランスが悪いと揺れが大きくなります。
5.壁の量は?・・・壁が少ない場合は補強によって強い壁に!!
6.傷み具合は?・・・基礎や土台・柱や壁の腐朽は要注意。屋根や軒 柱の傾きやシロアリ被害もチェックが必要です。
耐震診断もされてみては??
建築基準法は、大きな地震のたびに見直されているため、建てた年度によって耐震基準が異なります。お住いの耐震性能を調べるために行う耐震診断は四日市市 桑名市で無料診断も行っています。事前にお住いの市町村かリ・アイズにご相談ください。

リフォームで耐震性UP
リフォームで断熱性能UP

次回は断熱リフォームについて

地鎮祭

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

今年もどのような出会いがあるのかとても楽しみです。

弊社 仕事始めは明日9日からですが
6日に社員数名と椿大社にて今年1年の工事安全祈願に行ってきました。

そして本日は新年早々地鎮祭を執り行ってきました。
5月オープン予定のPatisserie RIRE様新築工事です。

あいにくのお天気ではありましたが、雨降って地固まる。

幸先の良いスタートを切らせていただきました。

”誠意とスピード感をもって”
をモットーに頑張っていきます。

今年もよろしくお願いいたします。

株式会社リ・アイズ
代表取締役 伊藤匡史

仕事納め

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

リ・アイズ伊藤です。

昨日29日で仕事納め、
社員全員で大掃除を行い今年のお仕事完了です。
このお正月休みは本日より10連休です。
社員の皆さん今年もいろいろありましたがご苦労様でした。
来年もよろしくお願いいたします。

弊社リ・アイズ、
今年は年初めの大雪で多くの方が被害に遭われ
その対応工事に始まった1年でした。
弊社、雪害対応工事は約100件近く対応させていただきました。
樋の修理 カーポートや庇が下がった。
雪止め金物を取り付けたい。
等々 たくさんのお問い合わせをいただき、たくさんのご縁をいただきました。
このご縁を大事にし繫げていき、少しでも皆様のお役に立てるよう頑張っていきます。
又 今年は ホームインスペクターも更新し、大型リフォームへの対応 リノベーションへの対応も進めることができました。
新しくリノベーションHPも立ち上げました。

今年やり残したことはリフォーム会社が取り組む不動産会社
中古住宅 マンションをお探しの方への対応準備が出来ませんでした。
来年は不動産事業登録を進め、お客様からの要望に対応できる範囲を広げ、
物件探しからホームインスペクション そしてリノベーションリフォームへと一貫してお手伝いできる体制を整えます。

H30年 どのような年になるか、どのようなご縁と巡り合えるのか?
とても楽しみです。
どうぞ来年もよろしくお願い致します。

株式会社 リ・アイズ
代表取締役 伊藤匡史

水廻り相談会開催のお知らせ

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

水廻り相談会開催

10月14日(土)15日(日)10:00~17:00
タカラ四日市ショールームにて水廻り相談会を開催いたします。
タカラパートナーショップ合同相談会になっております。
タカラのキッチン UB 洗面化粧台など見て触って体感できます。
イベント当日お見積もり特典もあります。

弊社スタッフも居ますので、気軽にお越しください。
ご来店の折、リ・アイズさんいますか?っとお声をおかけくださいませ。

ホームインスペクター

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

先日、既存住宅状況調査技術者講習会を受け、登録も完了いたしました。
既存住宅状況調査技術者とは・・
っと皆さん思われるかと思いますが、ホームインスペクターが、第三者的な立場からまた専門家の見地から住宅の診断を行うことをホームインスペクション(住宅診断)といいます。
ホームインスペクションを行うことで住宅の劣化の状態や不具合の有無、リフォームにかかるおおよそのコストを把握することができます。
住宅の外部廻り、室内の状況、床下の状態、天井裏の状態、設備の状態などが主要な診断項目です。
中古住宅を購入をご検討されている方は是非お問合せ下さい。
住宅の劣化状況、今後のメンテナンス費用等知る事ができ、安心して中古住宅を検討いただけるのではないでしょうか。

合わせて弊社では中古住宅購入時もっと快適な住空間をご提案する、リノベーションもご提案できます。
お気軽にお問合せ下さい。

シックハウス症候群について

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

こんにちは リ・アイズ伊藤です。
今回も日経新聞ネタです。
“シックハウス換気で防ぐ“という記事が昨日の新聞に出ていました。

シックハウス症候群 皆さんも聞いたことはあるかと思いますが
建材や塗料 接着剤から拡散するホルムアルデヒドやクロルピリホスなどの化学物質が室内空気汚染をおこします。

個人差はありますが、目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹などの症状が出ます。
今年4月に新たに3つの化学物質が指針値に加えられたようです。
主な原因は住宅新築時、リフォーム時に使用される接着剤や塗料 建材と言われていますが国産の材料であればF☆☆☆☆と放散等級が表示されており概ね安心してもいいものだと思います。
大きく影響するものとして輸入家具やカーテン 石油ファンヒーター 観葉植物の化学肥料も影響します。
又、最近の住宅は気密性も高く計画換気が必要になってきました。
新築時やリフォーム直後は窓を頻繁に開ける。24時間換気を切らないようにし、化学物質濃度を低下させることも必要な場合もあります。

リ・アイズでは住環境に関するご相談も対応できます。
一級建築士 増改築相談員 既存住宅状況調査員がご相談の対応をさせて頂きます。

お気軽のお電話 メール等でご連絡ください。

「近居」について

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

こんにちは
リ・アイズ伊藤です。
久しぶりのブログ更新で申し訳ありません。
今日の日経新聞に
子育て住まいと親世帯がお互いに支え合う
「近居」と言う特集が目に付き、ブログにします。

「近居」とは何か?
手軽に行き来でき、同一生活圏内に分かれて住むこと。
昔からスープの冷めない距離と言いますが、それです。

社会で活躍する女性が増え、
また、若い世代の収入が伸び悩み、
超高齢社会が抱える多くの社会問題。
これらの解決策として「近居」が今注目されています。

子世帯のメリットとして
・子育てや家事を手伝ってもらえる。
・共働き、子育てし易い環境を構築しやすい。
・災害時や緊急時に親の安否がすぐ確認できる。

親世帯のメリット
・子供や孫にすぐ会える。
・老後の相談がすぐできる。
・旅行に行くときペットを預けやすい。
等々 いろいろな問題解決の糸口が見つかりそうですね。

以前から私が手掛けさせていただいた若夫婦の新居は、奥様の実家の近くに計画が多かったなぁーっと思い出しました。

親世帯の近くに子世帯が移り住むのであれば資金援助も得られ易くなるのではないでしょうか。
2世帯でカーシェアリングもあるようです。
住まい方、いろいろ
家族の新たな絆を結ぶ近居はこれからの住まい選びの大きなポイントになりそうですね。

リノベーション相談会開催中

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

リフォーム リノベーション相談会開催

リ・アイズでは リフォーム リノベーション相談会を開催しています。

桑名 四日市にお住まいの方 是非お問合せ下さい・

会場:リ・アイズ桑名事務所
随時のご案内となります。
まずはお問合せ下さい。

ご希望の方には

プレゼントします。
会場にてお申し付けください。

現場報告日記

  • 外壁リフォーム開始
お気軽にご相談ください
代表ブログ